ブレードランナー・ホワイトドラゴンカット > ブレードランナー > メイキング:シド・ミードのチャイナタウン完全再現 パート1

メイキング:シド・ミードのチャイナタウン完全再現 パート1

映画で再現されなかったシド・ミードの描いたチャイナタウンをCGIで完全再現!
メイキングのパート1です。

シド・ミードの描いたチャイナタウンのプロダクションスケッチ

前回の記事でシド・ミードがチャイナタウンを描くにあたって元にしたワーナーブラザース・スタジオ内の野外撮影所を特定しました。

ミードがプロダクションスケッチを描くにあたり元にしたと思われるワーナーブラザース・スタジオ内の野外撮影所(Googleマップ)

この場所が本当にミードのスケッチの元となった場所なのかの検証を行います。具体的には、BlenderでGoogleマップに基づいて建物を配置し、レンダリングしたCGIがミードのスケッチと同じ構図になるか確認します。
早速、GoogleマップのスクリーンショットをBlenderにインポートし、実寸大で建物を配置しました。

Googleマップ上に実寸大で建物を配置(Blender)

カメラ位置をミードのスケッチと同じになる様に調整してレンダリングしてみます。

レンダリング後のCGI
ミードのスケッチ

レンダリングしたCGIとミードのスケッチを比較してみると、全く同じ構図になっていることが分かります。
間違いなくこの場所がミードのチャイナタウンの元となった場所ですね!
このGoogleマップを元にCGIを作り込んでいくことにします。

続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA