R.I.P. ダグラス・トランブル

SFX界を牽引してきたレジェンド、ダグラス・トランブル氏が2月7日にお亡くなりになりました。

「2001年宇宙の旅」「未知との遭遇」「ブレードランナー」等、氏が生み出した数々の空想世界に魅了されてきました。
中でも、僕は1971年のロバート・ワイズ監督による「アンドロメダ・・・」の顕微鏡シーンが特に好きでした。電子顕微鏡に映し出されたアンドロメダ病原菌が無数の六角形の光を放ちながら成長するシーンに酔いしれたものです。

氏のご冥福をお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA