NUYOKのビルボード

シーン7「Purge」を編集していてあることに気づきました。
それはブックストア・ビルの上層部に「NUYOK」と書かれたビルボードがあるということ。そして上層部は一部がセットバックした複雑な形状をしているということ。

ブックストア・ビルの上層部に「NUYOK」のビルボードが見える。ビルボードの上部部分の壁面はセットバックしている。(ファイナルカットより)

「Purge」シーンでは、このブックストア・ビルの上層部はファイナルカットと映像を使っているので問題ないのですが、このシーンに先立つ「ヌードルバー」シーンではブックストア・ビルの上層部を映すCGによるフライスルーショットの作り直しが必要になってきます。

このシーンは作成に半端なく苦労したシーンなのでもうやりたくないというのが本音なんですが、やらない訳にはいきませんよね。
喝を入れて作り直すことにしました。

まずはIllustratorで「NUYOK」のロゴを作ります。

Illustratorで作成したNUYOKのロゴ

これをSVG形式でエキスポートしBlenderにインポートします。
Blenderで輪郭だけを押し出し電球をセットすれば出来上がりです。

Blenderで3D化したNUYOKロゴ

すでに作成してあるブックストア・ビルの3Dモデルにロゴデータを読み込み3Dデータの完成です。
ロゴ作成と併せてボックス型だったビルの上部を映画に合わせてセットバックした形状に修正しました。タンクの様な物も設置してあります。

修正前
修正後

さてこの後は、フライスルーのアニメーションをレンダリングし、AfterEffectsで他のビルと合成・・・まだまだかかります( ;  ; )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA