ブレードランナー・ホワイトドラゴンカット > ブレードランナー > メイキング:シド・ミードのチャイナタウン完全再現 パート2

メイキング:シド・ミードのチャイナタウン完全再現 パート2

映画で再現されなかったシド・ミードの描いたチャイナタウンをCGIで完全再現!
メイキングのパート2です。
今回からCGIの作成をスタートします。

OSMからBlenderにビルディングの実寸データをインポート

BlenderにはOSM(オープンストリートマップ)から建物や道路のデータをインポートするための「Blender OSM」というアドオンがあります。このアドオンを使ってシド・ミードのチャイナタウン・スケッチの元となったワーナーブラザース・スタジオの野外撮影場所のビルディング・データを実寸でインポートします。

OSMで表示したシド・ミードのチャイナタウン・スケッチの元となったワーナーブラザース・スタジオの野外撮影所
Blenderにインポートしたワーナーブラザース・スタジオの野外撮影所のビルディングデータ

Googleストリートビューのテクスチャーデータをビルデータにマッピング

次にGoogleストリートビューから野外撮影所のビルのテクスチャーをコピーし、Blenderのビルデータにマッピングします。

Googleストリートビューで見たワーナーブラザース・スタジオの野外撮影所
Photoshopで歪みを修正したテクスチャーデータ
テクスチャをビルディングにマッピングしたもの

今回ビルディングにマッピングしたテクスチャーは、あくまでも窓、柱やショップを作り込む際にそれぞれの位置を決めるための仮のテクスチャーです。そのため厳密な精度は求めなかったのですが、いざマッピングしてみとOSMのビルディング・データの壁の凹凸とテクスチャの壁の凹凸とがぴたりと合うことに驚きました。
いやはやストリートビューの画像もOSMのビルディングのデータもすごい精度です!

テクスチャの壁の凹凸とビルディングの壁の凹凸がぴたりと合っている

カメラをシド・ミードのスケッチと同じになるように設置、アルマジロ・バンと照明を置いてテスト・レンダリングしてみました。

シド・ミードの描いたチャイナタウン
テスト・レンダリング

メイキング・ビデオ

メイキング・ビデオをアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA