ブレードランナー・ホワイトドラゴンカット > ブレードランナー > ロサンゼルス2019:幻の未使用カット

ロサンゼルス2019:幻の未使用カット

今回は、ブレードランナー・ホワイトドラゴンカット5のロサンゼルス2019シーンで未使用となった幻のカットをご紹介します。

本カットは6年前に作成したもので、「ブレードランナー・ファイナル・カット」DVDの特典映像として収録されていた未使用シーンにビルディングやネオンサインなどの要素を新たに合成したものです。ホワイトドラゴンカット4でも同じ手法でロサンゼルスシーンを作成しましたが、今回のものは合成している要素が4のものより多くなっています。

ホワイトドラゴン・カット5で未使用となった幻のロサンゼルス2019シーン

ホワイトドラゴン・カット5のロサンゼルス2019シーンはこのカットを使用する事で決定していたのですが、その後オープンソースの3DCGソフトウェア「Blender」に出会ったことで、CGによるロサンゼルス2019シーンを作成する方向に変更となりました。

本カットを改めて見てみるとCGで作成したものに比べ見劣りはするものの、画像を切り貼りした手作り感が出ていて悪くはないと思っています。
オリジナルの未使用カット、WDC4、WDC5未使用カット、WDC5最終カットと並べて、その変遷を見てみると何とも感慨深いものがあります。

最後に、本未使用カットを組み込んだロサンゼルス2019シーンをアップします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です