ロサンゼルス2019地図

シド・ミードの描いたロサンゼルス2019を完全再現、ブレードランナー・ホワイトドラゴンカット

シド・ミードのロサンゼルスを再現するに当たって、どうしてもやっておかなければならない事が一つあります。
それはロサンゼルスの地図を作ること。

リドリーヴィル、デッカードのアパートメント、セバスチャンのアパートメント、タイレルピラミッド等、それぞれの位置関係をしっかり作っておかないと映画の中で辻褄が合わなくなってしまいます。
それぞれの位置関係については公式な資料は見つける事ができません。(あったらごめんなさい)そこで、映画のシーンやロケ地となった場所を参考に僕なりにブレードランナーのロサンゼルス地図を作ってみました。

映画のシーンやロケ地を参考に作成したブレードランナー・ロサンゼルス地図(クリックで拡大)

詳しく解説します。

    1. 橋と高層ビル群
      シド・ミードの描いたロサンゼルス2019のイラストレーションです。

      巨大なピラミッドタワーの描かれたシド・ミードのイラスト

      このイラストには強大なピラミッド・タワー、その手前の高層ビル群、大きな川とそこに架かる橋が描かれています。
      しかし、ロサンゼルスにはイラストに描かれているような大きな川はないため手前にあるのは海だと判断しました。だとするとこの橋はどこに架かっているのか?
      ロサンゼルスの沖合にあるリゾート地「サンタ・カタリナ島」へ架かる橋としました。
      また、高層ビル群は現在の高層ビル群から更に南東方向に拡張されているとしました。
      ブレードランナー・ホワイトドラゴンカットのロサンゼルス・シーンの最初のカットはカメラAからの映像ということになります。

      カメラAからロサンゼルスを撮ったシーン(ホワイトドラゴンカット5)
    2. リドリーヴィル
      リドリーヴィルはこのセットが実際のあったワーナーブラザース・スタジオの場所にしました。

      ワーナーブラザーズ・スタジオのニューヨーク・ストリート(左)とシド・ミードのイラストレーション(右)
    3. LAPD(ロサンゼルス市警察)
      LAPDは、実際にLAPDがある場所にしました。
      ちなみにLAPD内部のロケ地となったユニオンステーションは、このLAPDのすぐ近くにあります。

      ロサンゼルス市警察(Google Street View)
    4. デッカードのアパート
      ロケ地となったエニス邸の場所にしました。

      デッカード・アパートのロケ地となったエニス邸(Google Street View)
    5. セバスチャンのアパート
      ロケ地となったブラッドベリー・ビルディングの場所にしました。

      セバスチャンのアパートのロケ地となったブラッドベリー・ビル(Google Street View)
    6. ピラミッド・タワー群
      1のシド・ミードのイラストを参考にLAPDやデッカードのアパートがある市街地の東側としました。
      カメラBからピラミッド・タワー群を撮影すると、手前に高層ビル群と、さらに手前にリドリーヴィルが映ります。

      カメラBからピラミッドタワー群を見る。奥にピラミッド・タワー群、その手前に高層ビル群、さらに手前にリドリーヴィルが映る(ホワイトドラゴンカット5)
    7. 工業地帯とタイレルピラミッド
      映画の冒頭で工業地帯とタイレル・ピラミッドが映ります。

      映画冒頭で映る工業地帯とタイレル・ピラミッド(カメラCからの撮影と推測)

      デッカードはスピナーで高層ビル群からタイレル・ピラミッドに移動する際、途中で工業地帯を通過します。この事実から、工業地帯は高層ビル群とタイレル・ピラミッドの間にある事が分かります。
      また、高層ビル群の北には国立公園があり、南は太平洋、西は平地が少ないため、工業地帯とタイレル・ピラミッドはピラミッド・タワー群の更に東としました。

さて、デッカードがLAPDからタイレル・ピラミッドへ移動するシーンを本地図で検証すると、工業地帯の手前でピラミッド・タワー群を通り抜けることになります。
ということはスピナーがピラミッド・タワー群の間を飛ぶ映像を作らなければいけないという事ですね^^;

LAPDからタイレル・ピラミッドに移動する際、途中でピラミッド・タワー群と工業地帯を通過する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です