この不思議な日本語は何?

シド・ミードがブレードランナーのために描いたリドリーヴィルスケッチのCG再現計画

‘ANACO MART’と’JVCショップ’の外観が完成しました。

‘ANACO MART’と’JVC’ショップ

‘ANACO MART’と’JVCショップ’はミードのイラストには描かれていません(ANACO MARTの原型となったビルは描かれている)。
映画では、’アニモイドロウ’の反対側に位置しています。

①が’ANACO MART’、②③が’アニモイドロウ’

‘ANACO MART’の電照掲示板には仮のショップ名をマッピングしています。というのも、映画のANACO MARTのシーンには、この電照掲示板を映したものが殆んどないからです。
かろうじて読み取れるのが次の2つのショット

それぞれ別の部分の電照ですが、書かれている文字は同じに見えます。
ブレードランナー恒例の奇妙な日本語です。早速、解読にかかります。

当初は「八つ橋」を逆から書いて「橋つ八」と書いてあると判断したのですが、、、、

おそらく「香水」と書かれているのではないでしょうか。

‘ANACO MART’には全部で5つの電照があります(前面に3個、左右側面に1つづつ)。すべてが「香水」なのか、それとも別の文字なのか、、、判断できる資料を見つけることができませんでした。
情報をお持ちの方がいらっしゃれば、是非、ご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です