Blimpのテクスチャ作成

ホワイトドラゴンカットの冒頭シーンで使用するBlimpのCG制作は、ようやくテクスチャの作成に入りました。

ご存じの方も多いと思いますが、Blimpのボディには不思議な日本語が数多く貼り付けられています。

Blimpの表面に貼り付けられた多くの日本語

これらの日本語の謎については次回に解説することにします。
CG用のテクスチャデータを作成するにあたって、これらの日本語はなるべく本物の写真をコピペして作るようにしました。

Photoshopで作成したテクスチャーデータ
テクスチャデータをBlimpのモデルデータにマッピングしたもの。片面だけを作ってミラーリングしているため左右対称になっている。

レンダリングしてみると、映画同様ほとんど分かりません(;^_^A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です