Spinner (1)

Pocket

2019年のロスのCG化にあわせて、SpinnerのCGモデリングもスタートしました。
SpinnerのCG化は既に多くの方が挑まれていますので、私ごときCG初心者が講釈を垂れるほどの事ではないことを十分承知の上で、、、

まずは、シド・ミードのオリジナルイラストから。

これをみて「曲面が多いなあ」と感じていたんですが、モデリングするに当たりウェブサイト「Drawing of The Spinner 改」さんのコチラの図面を見てみると、映画化に当たっては形状がシンプルに変更されていることに気づきました。
特に、ベースの部分は四角形に近いのではないかと思います。実物モデルを作る際に乗車スペースを四角形で組んで、それにデコレーションしていったのではないでしょうか。

コチラのモデルキットを見ても、ベース部分がほぼ四角形で組まれているのが分かります。

WDC5ではシド・ミードのLAの完全再現に挑みますが、Spinnerについては映画のスピナー登場シーンとの整合性を取るため映画仕様に準じます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です