通行の妨げになるネオンサイン

前回作った地下鉄の入り口の後ろにはいくつかのネオンサインがあります。

レオンの後ろに「Dentyne」「BULOVA」「万年筆」のネオンサインが見える。左後ろにあるのはロイのいるVIDPHONブース

これらのネオンサインを3D空間に配置してみると通行の妨げになってしまい、現実にはあり得ない配置になってしまいます。
映画では未来のロサンゼルス・ダウンタウンの雑多な感じを出すためにこのような配置にしたのかもしれません。

CG完成しました。

CG作成過程を録画したメイキングビデオはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です