WHITE DRAGON CUT > Blade Runner > Making of ‘METROKAB’ (1)

Making of ‘METROKAB’ (1)

Pocket

スネークピット完成

スネークピット外観、内装共に仕上がり、アニメーション用のカメラ設定も完了しました。

Syd Meadのイラストを基にCGで再現したスネークピット外観(エントランス部分は創作)

これでアニメーションをレンダリングできると思っていたのですが、道路に車両が一台もないことに気づきました。
実は車両は全く作っていない!

まずは’METROKAB’

映画「ブレードランナー」に登場する「メトロキャブ」

そもそも車両はRidleyvill全体が出来上がってから最後に作ろうと思っていました。計画がSnakePitシーン作成の方向にそれたため車両が必要となってしまいました。
というわけで「メトロキャブ」から作ることにします。

メトロキャブは映画BladeRunnerの2019年LAで活躍しているバスとタクシーのあいのこの様な乗り物
イエローキャブの未来版です。

スネークピットの前に止まっている車両は、デッカードセダンでもアルマジロバンでもなく、このメトロキャブが相応しいと思うんです。

‘METROKAB’の造形

このメトロキャブ、第一印象は「複雑な形状をしている」というものでした。
まずはインターネットに三面図でも転がってないかと検索してみたのですが、さっぱりヒットしません。仕方ないので、いろいろな角度からの写真を参考に三面図を作りました。

三面図を作って分かったのは、案外シンプルな作りだったということ。
ボックス形状の客室、客室の左半分から張り出した運転席、側面にあるアーチ状の装飾、基本的にこの3つで形成されています。
モデリングは当初想定したより短時間で完了しました。

‘METROKAB’モデリング(Blender)

‘METROKAB’のロゴ

メトロキャブで特徴的なのがボディー側面にあるアーチ状の装飾
格子柄と’METROKAB’の文字が描かれています。

実はこのロゴマークの作成に思った以上に悩まされました。

特徴的なフォントで描かれているロゴマーク、このフォントをインターネットで探してみたものの、低解像度のJPEG画像があるだけでフォントそのものがヒットしませんでした。
仕方ないので、低解像度JPEGを下絵にして’Adobe Illustrator’でトレースしました。

‘Adobe Illustrator’で作成したボディー側面の装飾柄

メトロキャブを作っていて気づいた事
「お客が乗り降りするための側面開口部にアールを描いたガラス扉が存在した!」
僕は、メトロキャブの出入り口に扉はなく開きっぱなしだと(なぜか根拠もなく)ず〜っと思っていました。
そもそも扉がなければ雨風が吹き込んできますよね。いやいやLAでは雨なんか降らないはず、、、2019年のLAでは酸性雨が降るんだった!

CGで再現した’METROKAB’、特徴的な三本ワイパー、バンパーのエンボスや車体にはられたステッカー等、ディテールをもう少し作り込む予定
細かすぎて見えませんが、運転席ダッシュボードにはナビがあって、僕が(Ridleyvill作成のために)作ったRidleyvillのマップが表示されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です