WHITE DRAGON CUT > Blade Runner > Eye on The City

Eye on The City

Pocket

この間、うちの次女にタイレルピラミッドのシーンを見せて「これCGか?」って聞いたら、「CGでしょ。」っていう回答が帰ってきました。今見ても、ミニチュアだと分からないくらい素晴らしい完成度なんだと改めて感じた瞬間です。

さて、CGをつくる時に僕が一番苦手なのがライティング
ライティングの良し悪しで本物っぽさが全く違ってくる。ブレードランナーのミニチュア撮影も、ライティング職人さんはえらく苦労したのではないだろうか?

Dangerous Days

ドキュメント「Dangerous Days」の未公開映像の中に、このタイレルピラミッドのミニチュア映像が収録されています。まだ色調整も行われる前の映像です。ひょっとするとラフカットなのかもしれません。

でも、この映像、珍しくタイレルピラミッド上部を上から撮影した貴重なショットになっているんです。僕が持っているブレードランナーのどのバージョン、未公開カットにも、この映像以外にピラミッド上部からのカットは見当たりません。

そんな理由から、このカットをWDCに使いたいと思っていました。前回のWDC4では本カットの色調整がうまく行かず挿入を諦めたのですが、WDC5ではなんとか本編に組み込むことに成功しました。

WDC5

映像全体をFinal Cutの色調に合わせ、ピラミッド上部から空に向かって伸びるライトとLAの夜景をを追加しています。

ライトはPhotoshopで作った静止画、LAの夜景は冒頭でスピナーが飛び交うシーンから持ってきました。

WDC4で諦めたタイレルピラミッドの色調整ですが、今回も苦労しました。

前面の色を合わせると側面と上面の色が全く合わなくなる。側面を合わせると前面と上面の色がおかしくなる。上面の色合わせもまた然り。これの堂々巡りとなりました。仕方ないので、映像からピラミッドの前面部・側面部・上面部を切り出し、それぞれ別々に色調整した後に再合成することで解決しました。

自分で言うのもなんですが、わりとうまく行ったのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です