WHITE DRAGON CUT > Blade Runner > Create Los Angeles in 2019 (9)

Create Los Angeles in 2019 (9)

Pocket

CG作ってて気づいたこと-Part3

前回の記事で、シド・ミードがチュウの眼工房の元となるスケッチを描いていたことを書きましたが、映画で描かれた眼工房で特徴的な「眼球の電照」の元になったのではないかと思われるスケッチも発見しました。

これが映画で描かれた眼球の電照

これがミードのスケッチ
左端にちらっと描かれているのは眼工房の入口部分、そして画面中央の上部が丸い電照が眼球電照の元デザインらしきものです。これが映画の眼球電照になったとするには無理矢理な感じもしますが、電照作成の際に映画の美術スタッフに何らかの影響は与えたのではないでしょうか。

シド・ミードの描いたスネークピットビルのCG化、現在5階部分を作成しています。右側面1階の中央ににある店舗は、ミードのイラストではシャッターが閉まった状態で描かれていたため、映画の設定に沿ってスネークピットのエントランスにしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です