WHITE DRAGON CUT > Blade Runner > Create Los Angeles in 2019 (11)

Create Los Angeles in 2019 (11)

Pocket

シド・ミードスケッチのマッピング

シド・ミードの描いた2019年LAのCG再現、ミードの描いたLAの全体像をつかむため、コチラの記事で紹介したRidleyville(実際に作られたLAのセット)の地図にミードのスケッチをマッピングしてみました。

引っ越したスネークピット

マッピングして気づいたこと2つ、

  1. (おそらく)ミードは、実物のセットを見てスケッチを描いた。
    ミードのスケッチを見ると、実際のセットどおりにビルが配置されていることに驚かせれます。おそらく、装飾する前のセットを見て、それをベースに2019年のLAを描いたのだと思います。
  2. スネークピットは映画とは別の場所に描かれていた。
    映画では、スネークピットはセットど真ん中の巨大なビル(スネークピットビル)のエントランスの右側面(マップでは下側)に作られています。しかし、スケッチではスネークピットビル左側のビルの奥(カメラ②)に描かれています。この場所は映画ではデッカードがうどんを食べたヌードルバーの辺りです。

興味深いのは、カメラ①にもスネークピットらしきスケッチがあること。映画では描かれていない女性のショーケースが描かれています。カメラ②との位置関係から、ミードの描いたスネークピットはヌードルバー横のファッションビル(ゾーラが回収されたビル)にあったことが分かります。

スネークピットビルのモデリング終了

さてさて、スネークピットビルのモデリングが終わりました(街全体のモデリングを優先し、質感設定は最後にやります)。ミードのスケッチをマッピングする前に完成したためスネークピットは映画セットの位置に配置しています。WDC5のコンセプトからすれば、ここはスケッチで描かれた本来の場所(画面左のビルの奥)に修正すべきなんですね、、、ふぅ〜

右側面に見えるのがスネークピット(映画セットでの配置)
チュウの眼工房(シド・ミード版)
ビル上部はスケッチにないため想像です。古き良き時代と未来が混在するデザインにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です