ブレードランナー・ホワイトドラゴンカット > ブレードランナー > リドリーヴィル・シーンのテスト編集

リドリーヴィル・シーンのテスト編集

シド・ミードが描いた2019年ロサンゼルスを完全再現!
ブレードランナー・ホワイトドラゴンカット5
2019年11月公開(間に合ったらね)

リドリーヴィルのCG化がほぼ完了し、テスト編集に入ります。
映画の冒頭、デッカードが初登場するシーンの前に、リドリーヴィルの全景を映した空撮シーン(約30秒)を挿入します。
まずは、追加する映像が本編映像とスムーズに繋がるかテストレンダリングしてみます。

サンプリング数と解像度を徹底的に落としてレンダリングしていますが、オブジェクトが多いため1コマのレンダリングに4分程かかっています。
このスピードで行くと30秒の動画が出来るまでにかかる時間は60時間!まあ、気長に待つとしましょう。

30秒のアニメーションをレンダリング中(Blender)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です