ブレードランナー・ホワイトドラゴンカット > ブレードランナー > ブレードランナーの不思議な日本語たち

ブレードランナーの不思議な日本語たち

シド・ミードがブレードランナーのために描いた2019年ロサンゼルスのCG再現計画

日本のブレードランナー・ファンの間ではあまりにも有名な不思議な日本語の看板達、映画ではアニモイドロウの頭上に数多く登場します。

アニモイドロウの頭上に登場する数多くの日本語の看板

それぞれ、

  • カクテル
  • 基礎の充実の上に
  • お手持ちの鳥口
  • 人造P星
  • 光栄楼
  • おいしい料理

となっています。「壺」「光栄楼」といった実際にありそうな看板もあれば、「基礎の充実の上に」なんていう何から取ってきたのかわからないものも存在します。
中でも特異なのが「人造P星」です。この「P」は、そのまま「P」なのか、それとも何かの誤植なのか?(例えば「巾」や「工」)
何れにせよ、意味不明なことに変わりはありませんが。

さて、このアニモイドロウの元となったシド・ミードのイラストには、日本語の看板は描かれていません。

アニモイドロウの元となったシド・ミードのイラスト
真ん中奥のビル、若干形状が違うが、柱のデザインからアニモイドロウの元となったビルと思われる。
左奥にも同じビルが描かれている。

WDC5では、アニモイドロウは映画の設定に合わせ日本語看板を配置することとします。

CGのテクスチャ用に作成した日本語看板の画像
最終レンダリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です