ヌードルバーはすぐそこに

映画冒頭、デッカードが初登場するのがヌードルバー「ホワイトドラゴン」です。

映画ではヌードルバー上部からヌードルバーの前に座っているデッカードまでカメラが移動します。
ホワイトドラゴンカットでは、巨大なピラミッドが立ち並ぶ2019年ロサンゼルス上空からデッカードまでカメラがフライスルーします。

2019年ロサンゼルス上空からヌードルバーまでカメラがフライスルーする
(Blender2.82 プレビューレンダリングによるテスト)

本CGに映画本編の映像が繋がる予定です。

映画本編では、ヌードルバーの後ろにあるANACOMARTの後ろには何もありません。ホワイトドラゴンカットではシド・ミードのオリジナルスケッチに基づいてプロトタイプのANACOMARTといくつかのビルディングを配置しています。

プロトタイプANACOMART
ヌードルバー「ホワイトドラゴン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です