テスト編集:天井に隠れたレオン

撮影されたなかったシーンを創造
ブレードランナー・ホワイトドラゴンカット5
2019年11月公開(間に合ったらね)

デッカードとガフがレオンのホテルを調べるシーン
時間の関係で撮影されなかったレオンが天井に隠れているシーンのテスト編集を行います。
テストの目的は、CGで新たに作成した追加シーンと既存シーンが上手くつながるかどうかのチェックです。

〈撮影されなかったシーンの絵コンテ〉レオンが浴槽の天井に張り付いて、デッカードを見下ろしている。

ちなみにこのシーンは、ホワイトドラゴンカット4ではCGを使わず、映画「ゴールドフィンガー」でジェームズ・ボンドが天井に隠れているシーンを再利用しました。
ボンドの顔をレオンの顔に差し替えたのですが、レオンの隠れている場所が分かりづらいのと、唐突に天井に隠れたレオンが登場したりと、とても不満の残る出来でした。

〈ホワイトドラゴンカット4〉映画「ゴールドフィンガー」のジェームズ・ボンドの顔をレオンの顔に差し替えて作ったシーン

ホワイトドラゴンカット5では、レオンの隠れている場所をバスタブの上に設定しCGで作り直しました。
浴室が暗いのに加え、バスカーテンがレオンを遮蔽するため天井に隠れているレオンは発見されないという設定です。雷が光った時にだけ、一瞬レオンの姿が浮かび上がるという事にしました。隠れている場所を分かりやすくし、落雷と同時に姿が浮かび上がることで、唐突にレオンが現れるという問題も解決できたと思います。

〈ホワイトドラゴンカット5〉CGで作成した天井に隠れたレオン。落雷の瞬間だけ、天井に張り付いたレオンの姿が浮かび上がる。

まずは、本シーンの前半部分をテスト編集してみました。是非、感想をお聞かせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です